FC2ブログ

Entries

勝連沖を潜ってきました。

 沖縄本島中部の東海岸から太平洋に突き出た勝連半島(与勝半島)周辺海域を潜ってきました。

 ちょうど昨年の今頃、米軍普天間基地の移設先候補地にも上がったこの海域。浮原島(うきばるじま)と南浮原島(みなみうきばるじま)にかけて、およそ東京ドーム205個分の海を埋め立てて海上基地を作る計画でした。

 水深が浅いため埋め立てしやすい上、ホワイト・ビーチというアメリカ海軍の施設や、米軍と自衛隊が共同使用する訓練海域が広がっているので都合が良かったんですね。さらに当時の政府は「勝連沖の海は死んでいる」として、海上基地を建設する際にも環境への影響は少ないと発表しました。

 「死んでいる海」に対しては、地元のダイバーやメディアは猛反発。「冗談じゃない」と、勝連の豊かな海を報じました。今回お世話になった船の船長さんも「石西礁湖に次ぐサンゴ礁が広がる海」とおっしゃっていました。

 “石西礁湖”とは石垣島から西表島にかけて広がる日本最大のサンゴ礁の海で、国立公園に指定されてる海域です。沖縄の観光では西海岸しか注目されませんが、東海岸の勝連沖も非常に豊かな海なんですね。モズクの養殖も盛んで、日本のモズク生産の6割をこの海が育んでいるとのことです。

 今回は海が荒れていたため行けなかったですが、辺野古のある大浦湾で見つかったアオサンゴよりも大きなアオサンゴ群落が「勝連にはあるんだ」と船長は言っていました。

 ぜひ見てみたいです。

 写真と映像は「コモンシコロサンゴ」。今もかなり大きな群落をつくっていますが、昔はもっともっと大きな群落をつくっていたそうです。
 
 一日だけでは撮らえきれない勝連の海。今後も撮り続けねばと思います。

 ウノカズタカ

コモンシコロサンゴ 動画はこちら→You Tube
コモンシコロサンゴ

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazutakauno.blog.fc2.com/tb.php/8-56e98586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)