FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazutakauno.blog.fc2.com/tb.php/34-5bbbbfbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひと株の苗から

田植え
 
「一株の苗が米となりお酒へと姿をかえてゆくプロセスを体験し、出来上がる限定酒を楽しむ会」丸屋酒店の会員参加型地酒づくり「一苗倶楽部」も今年で9回目の田植えです。うっすらと雲のかかった田植え日和だった日曜日、飯能の田んぼで50人以上の参加者が「きぬひかり」の苗を植えました。この苗がひと夏を過ごしたのちに稲穂となって、来年の春には地酒「飯能 風土記」へと姿を変えていくのです。

 僕は今まで飲む専門だったのですが、今回、初めて田植えから参加しました。地元の農家さんが育ててくれた苗を、こちらも準備万端の田んぼに数メートル植えただけの、ほんの僅かな米づくり体験ですけど、田んぼの泥に足と手を突っ込んで「自分で植えた」という実感を得る意味は大きいです。

 参加者の中に東北の被災地を訪れた方がいて、今年もあたりまえのように酒造りができる事について「ものづくりできる喜び」と言っていました。田植えから参加してお酒ができる過程に関わる「ものづくり」は、生産するものにとって「喜び」なのです。たんに製品化されたものを消費するだけでは、飲む瞬間(あるいは金銭を支払った瞬間)の快楽でしか無いけれど、田んぼに足と手を多少なりとも突っ込めば、生産の喜びを味わえます。

梅
 
 そして、日曜の田植えに続いて昨日は飯能市お隣、日高市の高麗で梅を収穫してきました。父の家に毎年なる梅で、今年は10キロ近く収穫できました。こちらは梅干しになる他、ウォッカに漬けて自家製梅リキュールを仕込もうと思っています。目指すのはデニー愛川氏の「星子」、、、なんてね。

 米作りも梅の収穫もこの季節あたりまえに行っている事ですけど、それができない土地がある。津波がそれを奪い、放射能はそれを絶望に変えました。この社会を生きてゆくにはお金が必要(不本意でも)ですから、それら地域の人々には金銭的補償は徹底して行うべきです。でも、生産者は金銭では変えられない「植えて、育てて、収穫する」といった「ものづくりの喜び」を奪われているのです。

 合理性だけでは解決しない、いかにも人間らしい「喜び」の問題に向き合えたら、この世界も少しはよくなるのかなと、僅かな田植え体験から生意気に想像します。

 ウノカズタカ

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazutakauno.blog.fc2.com/tb.php/34-5bbbbfbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。