FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C5] お!

なんかmixiからもコメント出来るようになってる!ヤッタ!
温かい報告と写真をありがとう。私も現地の人たちに負けないようにしっかり頑張らないとな。
不安は尽きないけど、前を向こうと思います。
  • 2011-03-16 22:44
  • かとぅーん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazutakauno.blog.fc2.com/tb.php/14-e5601066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生活再建へ向けて

 連日、地震の被害に始まり津波の悲惨な状況、そして、今も進行中の原発災害、日本がこのまま消失していってしまうのではないかと思うような辛い現実ばかりです。

 事実、厳しい状況にある事は間違いないのだけれども、津波被害にあった宮城野区の岡田小学校に避難している方達はたくましく頑張っています。

 家が無事だった人は「まだ家は帰る事ができるから」と。家が半分浸水した人は「まだ家は残ったから」と。家が流された人は「まだ命が助かったから」と。まだ自分よりは辛い人がいるのだからと、被災者どうしが助け合って、避難所の生活環境を良くし、生活の再建をしようと働いています。

 外からの支援も順次入っていて、新潟市からは市の職員が月曜日から仙台市で活動をしているとの事です。今後100人は送るそうです。

 自衛隊は岡田と蒲生南の両地区でおよそ100人の隊員を派遣して、遭難者の救出にあたっています。残念ながら、時間的に生存の可能性が限りなくなってしまいましたが、「私たちがいる間に姿だけでも見つけてあげたい」と、自治会長さんらと連絡を密に取って捜索をしていました。

 辛いですけど、現実に向き合うしか無い現場の人は、一歩ずつ前に動き出しています。

 昨日は亡くなった犬の話でしたから、今日は助かった犬の写真を添付しましょう。シンビジウムを栽培していた農家のおばあさんは、何も持たなかったけど、おじいさんと一緒に愛犬のハナとミキを連れて無事に波から逃げる事がでたそうです。

 ビニールハウスは流されてしまってしまい「シンビジウムをまた育てるお金なんてない」と、先行きは不透明ですけど、「犬は家族んだがら」と、愛犬をなでる笑顔は命があってこそのもの。

ウノカズタカ
おばあさんと犬

コメント

[C5] お!

なんかmixiからもコメント出来るようになってる!ヤッタ!
温かい報告と写真をありがとう。私も現地の人たちに負けないようにしっかり頑張らないとな。
不安は尽きないけど、前を向こうと思います。
  • 2011-03-16 22:44
  • かとぅーん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazutakauno.blog.fc2.com/tb.php/14-e5601066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。