FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「慰霊の日」の1枚

aosanngo.jpg


沖縄「慰霊の日」に送る1枚。アベちゃんが埋め立てようとしている辺野古のアオサンゴ(2010年撮影)。この海に潜れば「基地はいらない」と、誰もが思う。

スポンサーサイト

慰霊の日

 本日(アップする頃には日付が変わってしまいましたが)、6月23日は沖縄県が定める「慰霊の日」。66年前の今日、沖縄戦を指揮した日本軍の牛島満中将(死後大将)が自決して、組織的な戦闘が終結したとされている日です。

 “終結した”ではなく“終結したとされる”と表現するのは、牛島中将が自決した後も島では、局地的な戦闘が続いていたためです。さらに、そもそも23日を慰霊の日と定めるには、軍民の別なく沖縄全域を戦場に変えた司令官が自決した日であり「慰霊にふさわしくない」という声もあります。

 とはいえ、僕はこの「慰霊の日」が好きです。「好き」と言う表現はちょっと適切でないかもしれませんが、その表現が一番近いです。戦争の犠牲者のことを考えるとき、僕の暮らす本土では、至極「政治的」な匂いがしてきます。8月15日の政治家達による「靖国参拝」がいい例でしょう。でも、沖縄の慰霊の日からは、戦死者を悼むという行為の根源的な意識を感じるからです。

 沖縄戦において最大の激戦が繰り広げられた糸満市摩文仁の平和祈念公園では、戦争で亡くなった人々の名前が刻まれた「平和の礎」の前で、その遺族がお弁当を広げて手を合わせています。なかには、子供や孫に戦争の体験を話し聞かせている様子も見られます。この光景は、平和祈念公園だけでなく、23日の沖縄ではいたるところで見られ、そのどれもが祭り上げられた“慰霊祭”というものではなく、とても自然体に映るのです。

 戦争の遺族それぞれが、それぞれの場所で犠牲になった故人の思い出を振り返る沖縄の慰霊は、「死者の顔が見える慰霊」です。もちろんそれは沖縄戦という苛酷な体験に裏付けされているのですが、戦争を体験していない世代が戦争を考える上では、とても重要な要素です。ここしばらく話に出ませんが、「靖国問題」や「国立追悼施設」といった戦争で亡くなった死者の魂に政治が絡む場合にはとくに重要です。

 今年は行けませんでしたが、今後もできる限り6月23日の沖縄の空気は吸っておきたいと思います。

 ウノカズタカ

祈り

お供え

写真はどちらも6月23日の糸満市摩文仁の魂魄(こんぱく)の塔(上は2007年、下は2010年撮影)
魂魄の塔は沖縄戦後、いたるところに放置されていた遺体を住民が自発的に回収して建てた慰霊碑

東京新聞に写り込みました

 グーフィーの不幸などあって、ご報告できてなかった先週の話。けっこう笑える話です。

 沖縄滞在中に取材していた高江という地域。米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の建設工事を強行している現場ですが、以前のブログでも書かせていただきました。

 そこを取材しているとき、東京新聞の記者さんが来ているのは聞いていました。

 でも、まさか“その画(え)を抜かれる”とは…。

 帰宅後、「新聞にカズらしい人が写ってたよ」と言われて、3月1日(火曜日)の東京新聞を見てみると、そこには凛々しくメモを取っている自分が映っているではないですか。

 自分が高江で撮影した写真は雑誌DAYS JAPANの編集部に送ったものの、他のフォトジャーナリストの方の熱意に負けて、“ボツ”の連絡を受けたというのに。自分の姿が他の記事に載ってしまうとは…。

 プロとしては恥ずかしい話ですけど、自分的には笑えるかも。

 というのも、辺野古の阻止行動の時もそうですけど、いざ、自分が気合いバッチリの状態で現場に行くと、「昨日くれば良かったのに」と言われる事が多々あります。今回の高江も「ゴム長」まで履いて気合い十分で行ったのに、ご多分に漏れずその例でした。

 “ピースメイクなフォトグラファー”とでも暢気に名乗りましょう。

 今回の沖縄撮影では、普天間基地の移設先になっている大浦湾のアオサンゴや、東江のハマサンゴなどに“浮気”をしていたので、「高江の現場一筋でないのが甘い」と、言われればそれまでですが。

 高江にはいま、森住卓さんという大先輩のフォトジャーナリスの方が長期で密着していますね。本気で現場を伝えようとしたら、森住さんくらいの姿勢で密着取材しないと、現場で闘う人にも失礼だし、何より事の本質を捉えられないですからね。

 ちなみに、森住さんの高江取材はブログでレポートされていますので、高江を知るためにぜひご覧になってみて下さい。→森住卓氏ブログ

 東京新聞の高江記事については、「やんばる東村 高江の現状」というホームページで紹介されていますので、そちらもご覧下さい。→やんばる東村 高江の現状

 そして、“僕を抜いた”東京新聞ですが、今年に入ってから某全国紙から切り替えて購読しているんです。“アクティブ”な人かすると「誌面がいい」と評判でして、読んでみると確かに、沖縄本島北端のジャングル=高江から、僕が生まれ育った埼玉県日高市の「高麗鍋」というB級グルメまで、かなり懐の深い記事を提供してくれます。(僕が読んでるのは埼玉版ですが)

 「野球のチケットや洗剤を貰ったてしょうがない。新聞は誌面だろ!!」という奇特な方がいらっしゃいましたら、東京新聞お勧めします。

 ウノカズタカ

南国のユーツ

 沖縄本島北部の「ヤンバル」と呼ばれる地域に位置する東村・高江。辺りにはブロッコリーを思わせるイタジイという樹木が生い茂り、ヤンバルクイナ、ノグチゲラといった絶滅危惧種の野鳥が生息する森が広がっています。

 沖縄に暮らす人でも那覇から来ると「やんばるは空気がおいしいねぇ」と思わず口にしています。沖縄は海もすばらしいですが、ヤンバルの山に入って、森の息づかいに耳を澄ませるのも一興ですね。

 人の心に潤いをもたらすヤンバルの自然ですが、皮肉なことに、在日米軍はその自然を活かしてジャングル戦の訓練に利用しているんです。「北部訓練場」または「ジャングル戦闘訓練センター」と露骨な呼び名を付けて、東京ドーム換算でおよそ1670個ほどの広大な土地と、その上空2千フィートを支配しています。

 広大な土地の北部訓練場ですが、喜ばしい事に一部は返還が決まっているのです。「沖縄の基地負担軽減」という名目で、普天間基地の返還が話し合われたときに、北部訓練場も整理縮小すると決まっていたのです。

 「整理縮小」とはいいですね。沖縄の自然を是非とも返していただきたい。

 でも、高江に住む人々は憤りを感じています。「返してくれる」のになぜでしょう、、、。それは、整理縮小した北部訓練場の機能が高江に凝縮する形で集まってくるからです。
 
 ヤンバルの山々に点在していたヘリの離着陸帯(ヘリパッド)も、高江周辺に集めましょうという具合。さらに、新しいヘリパッドも建設しましょうと山を切り開き始めました。

 辺野古もそうですが、返してくれるのはいいんだけど、なんで自然が残る海や山を新たに潰す方向に進むのだろうか。もっと知恵を出してほしい。

 一昨日は人口100人余りの高江に、120人を超える支援者が詰めかけて、ヘリパッド建設に抗議しました。年度末に入り工事作業員の増強をはかる沖縄防衛局の動きに対して、県外からも多くの人が駆けつけたんですね。僕の暮らす埼玉からも知る限りで4人は来ていました。パチパチ。

 今はヤンバルで生きるノグチゲラの繁殖期らしいです。情事を騒ぎ立てるような無粋な事はやめて、森の息づかいに耳を澄ませたいものです。 

 ウノカズタカ

高江
工事車両と高江の支援者達

勝連沖を潜ってきました。

 沖縄本島中部の東海岸から太平洋に突き出た勝連半島(与勝半島)周辺海域を潜ってきました。

 ちょうど昨年の今頃、米軍普天間基地の移設先候補地にも上がったこの海域。浮原島(うきばるじま)と南浮原島(みなみうきばるじま)にかけて、およそ東京ドーム205個分の海を埋め立てて海上基地を作る計画でした。

 水深が浅いため埋め立てしやすい上、ホワイト・ビーチというアメリカ海軍の施設や、米軍と自衛隊が共同使用する訓練海域が広がっているので都合が良かったんですね。さらに当時の政府は「勝連沖の海は死んでいる」として、海上基地を建設する際にも環境への影響は少ないと発表しました。

 「死んでいる海」に対しては、地元のダイバーやメディアは猛反発。「冗談じゃない」と、勝連の豊かな海を報じました。今回お世話になった船の船長さんも「石西礁湖に次ぐサンゴ礁が広がる海」とおっしゃっていました。

 “石西礁湖”とは石垣島から西表島にかけて広がる日本最大のサンゴ礁の海で、国立公園に指定されてる海域です。沖縄の観光では西海岸しか注目されませんが、東海岸の勝連沖も非常に豊かな海なんですね。モズクの養殖も盛んで、日本のモズク生産の6割をこの海が育んでいるとのことです。

 今回は海が荒れていたため行けなかったですが、辺野古のある大浦湾で見つかったアオサンゴよりも大きなアオサンゴ群落が「勝連にはあるんだ」と船長は言っていました。

 ぜひ見てみたいです。

 写真と映像は「コモンシコロサンゴ」。今もかなり大きな群落をつくっていますが、昔はもっともっと大きな群落をつくっていたそうです。
 
 一日だけでは撮らえきれない勝連の海。今後も撮り続けねばと思います。

 ウノカズタカ

コモンシコロサンゴ 動画はこちら→You Tube
コモンシコロサンゴ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。